ナルコレプシーってどこの病院に行けばよいの?

お医者さんがカルテを書いている ナルコレプシー

自分はナルコレプシーかもしれない。

そう疑ったら、まずは病院で診察を受ける必要性があります。

しかしあまりメジャーではないこの病気。

いったいどこで診察をうければよいのでしょう?

ナルコレプシーは何科にいけばよいの?

実は私が自分の異常な眠気に関して相談したのは、脳外科のお友達でした。

「ナルコレプシーは精神科になるんですよね」と言われたとき、軽くショックを受けました。

やっぱり私の眠気は、私の怠け心が原因なの?というような気持ちになったことは覚えています。

しかしそれはあまりにも私が知識に乏しいためにそのような気持ちになってしまっただけで、ショックを受ける必要性は1ミリもありません。

単純に、睡眠異常を取り扱うのは精神科であるという分類の問題です。

それほど構えなくても大丈夫です。

ナルコレプシーを確定診断してくれる病院かどうか?

女性がベッドでうつぶせになって寝ている

前回の記事にも書いたように、私は自分の症状はナルコレプシーでほぼ間違いないと確信していました。

 

 

脱力発作(カタプレキシー)の症状に自覚があり、金縛りも若い頃から頻繁に起こっていたためです。

原則として、ナルコレプシーの確定診断を得るためには、入院検査が必要になるとのことで、その検査を取り扱っている病院に行くのが早いとアドバイスを受けました。

睡眠障害の診察可能な病院は、なるこ会(認定NPO法人日本ナルコレプシー協会)さんがホームページで病院のリストを紹介してくださっています。

睡眠障害専門病院リスト(日本ナルコレプシー協会のホームページへのリンクです)

こちらを参考に、まずは自分の眠気の原因を知るために受診されることをおすすめします。

この一覧は睡眠障害を取り扱っている病院の紹介ですから、ナルコレプシーの確定診断が出せる病院の一覧ではありません。

また受診前に必ずご電話で確認されることをおすすめします。

私がナルコレプシーの確定診断を受けた病院

私の場合は、ほぼナルコレプシーで間違いないと確信がありましたので、ナルコレプシーの確定診断が出せる病院に絞って検討しました。

専門の設備を持たないクリニックに通院した場合、結局紹介状を書いてもらって検査を受けるというような2重の手間を省きたかったためです。

その結果、睡眠総合ケアクリニック代々木を選びました。

睡眠障害専門の病院ということで、いろいろと話が早いのではないかと思ったからです。

まず電話で初診の予約を取りました。

いつでもよいから早めに受診を希望していると伝えると、次の週で予約が取れました。

電話では簡単に症状を聞かれますので、「とにかく毎日眠いんです」とだけ言いました。

「過眠症での受診ということですね」と聞かれたので、「はい」と答えました。

ナルコレプシー初めての診察

病院に到着すると、問診票の記入が待っています。

数枚記入したのでかなりの分量がありました。

睡眠に関する質問がほとんどです。

記入も終わらないうちに、診察に呼ばれました。

ちなみに私は、自分ではほぼナルコレプシーで間違いないと思っていたのですが、自分の先入観でそう思い込んでいるだけの可能性もありますよね。

ですから、「ナルコレプシーかもしれない」というようなことは一言も言いませんでした。

「毎日会社にも行って規則正しい生活を心がけているし、夜もきっちり眠っているのに眠くて眠くてたまらないのだ」

という現在の状況だけを伝えるようにしました。

「金縛りにあったりしますか?」「程度はどれくらい?」など、一般の病気では聞かれないであろう質問などもされます。

ありのままの現状を一生懸命に伝えました。

問診票への記入内容や先生とのやり取りの中で。

「あなたはナルコレプシーの可能性が高いのではないかと思う」と診察され、検査への流れとなりました。

やはり、そうなるよね~と思いました。

ナルコレプシーの入院検査までの流れ

診察後、血液検査と1泊2日の入院検査の予約もこのとき取ることとなりました。

私は病気を確定させるためならいつでも会社を休むと決めていたので、最短の3週間後で予約を取ることができました。

なぜ最短が3週間かというと、3週間の睡眠記録を病院に提出しなければならないからです。

  • 規則正しい生活をしているか?
  • 睡眠時間は十分に取っているか?
  • そのうえでどれだけの眠気が日常生活で現れるのか?

ということを確認するためのものだと思います。

なので、初診後、検査までに最低3週間程度の期間が空くことも知っておかれるとよいと思います。

眠くて眠くてたまらないのに、すぐに検査して眠気の原因を特定してもらえないというのは辛いところではあります。

しかしこの記録を提出しなければ検査も受けられないので、眠さに耐えながら3週間、会社に通い続け睡眠の記録を取り続けました。

この時期が一番きつかったですね。

※この記事は2017年春の睡眠総合クリニック代々木に通院した記録を元にしているのですべての病院にこれが当てはまりとは限りませんのでご注意ください

コメント