スクラッチアートのおすすめスクラッチペン

スクラッチアート

スクラッチアートがうまく削れない・・・

そんなときは、本に付属しているスクラッチペンの形状があまりよくないのかもしれません。

今回はスクラッチアートを楽しむための、おすすめのスクラッチペンをご紹介します。

 

簡単に作れる削りやすいスクラッチペン

実はスクラッチアートを削る似には、竹串が最強ではないか?と思っています。

まずとても安いこと。それでいて頑丈なこと。

しかし竹串は、手で持つには細すぎますよね。

そこで、お手製のスクラッチペンを作成しました。

 

先が丸くなってしまったら、新しいものと取り替えるだけ。

 

私は細いペンが大好きで、三菱uniのstyle fit シリーズを愛用しています。
このstyle fitシリーズには、ボールペン用のインクの入っていない空のホルダーが販売されてます。

そこに竹串を切って長さを適当に調整して、ペン先が竹串になっているstyle fitを作りました。

コツは長めに切って、思いっきりペン先を出しておくことでしょうか。

先が細い部分が長いほうが、下絵の確認がしやすいので、カチッと押すこともできないくらいの長さにして、むしろペン先が動かないようしっかり固定される位置まで竹串をぶっこんでおきます。

何度か失敗しながら、ちょうどいい長さを発見していきました。

竹串は意外と強いので、かなり重宝します。

 

ペン先が金属で頑丈なスクラッチペン

 

もう1本ご紹介。こちら1本200円程度で買えるスクラッチペンです。

先が金属なので、とても頑丈です。

また角度によって、削れる太さを少し変化させることもできます。

スクラッチアートの材質によっては、黒い台紙のコーティングが頑丈で竹串では削れないものもチラホラあります。

そんなときは、この金属製のスクラッチペンがとても活躍してくれます。

持ち手やペン先との接続部分の作りは値段も安いため荒いですが、ペン先そのものは頑丈なのでへこたれません。

プラスチックのペン先ではこころもとないので、この金属製はとても重宝します。

この2本あれば、たいていのものはキレイに削れるかと思います。

 

スクラッチペン以外にもあると便利な道具

 

さらに、あると便利なもの。

f:id:narconyanco:20180214135627g:plain

ダイソーさんで購入したブラシ。メイク用ですね。
これは確か、200円だったと思います。毛先が柔らかくて黒のシートを傷つけません。

普通の刷毛だと、ちょっと硬くてシートを傷つけてしまいそう。

手で払うと手も汚れるし、あまりきれいに黒い粉が払えないので、1本あると重宝すると思います。

スクラッチブックを購入するといろいろ付属のペンがついてきますが。

いろいろ試した結果、この3種の神器で事足ります。竹串万能です。

 

その他、持っているスクラッチペン

私は凝り性なので、ついつい道具を揃えてしまいます。

そのほかに持っているセットはこちら。

これは1枚モノのスクラッチアート本体にセットごと付属でついてきました。

このセットのペンは、木製、プラスチック製、さらには金属製と。

3種のペン先プラス刷毛がついています。万能。

この木製の棒は、竹串に負けず劣らず頑丈そうです。

 

ちなみに、Amazonでのベストセラーはこちらのようです。

スクラッチアート土台の紙質や滑り具合によっても、削り心地が変わってくるので。

お気に入りの1本をぜひ見つけてください。

私はやっぱり竹串が好きですが、金属もあると便利です。

コメント