スクラッチアートをインテリアにしてみる

スクラッチアート

スクラッチアートは完成させるととてもきれい。

ぜひインテリアとして飾りたい!と思われている方もいるのではないでしょうか。

私も1枚だけ、インテリアとして玄関に飾っているものがあるのでご紹介します。

 

 

スクラッチアートを飾るにはサイズが重要

スクラッチアートといえば、本の形式になっているものがほとんどだと思います。

しかし、飾るための額縁のことまでは考慮してくれていないサイズ感。

なので、削ったスクラッチアートはファイルに保存していることがほとんどです。

もし飾ってみたいということならば、額縁のあるサイズ感のスクラッチアートを選ぶ必要があるかと思います。

今回私が選んだのは、A3サイズのものです。

Amazonさんを徘徊していて、絵柄に一目惚れして買ってしまったもの。

 

A3サイズのスクラッチ用紙だけかと思っていたのですが、なんとペンセットもついていました。

このペンセットがなかなか、イケているのであります。

(今現在販売されているものは、同じペンが付属してくるかはわかりません)

ちょっとハケは先がカタそうなので、柔らかいスクラッチの台紙でササッと履いてしまうと傷がつくかもですが、ペンはかなりできがよいです。ほかでも使えそう。

 

A3サイズのスクラッチアートは完成までが長い・・・

ペンの大きさと比較すると、A3サイズは圧倒的な大きさですね。

もちろん、削り終わるまで苦労いたしました。

紙のコーティングがきっちりと(べったりと)していて、削るのには力が必要でした。

また削ったあとの削りカスが、払っても払っても取れません。

なので、削ってはセロハンテープにくっつけて取り去るということをやっていました。

ただし、削りカスが散らからないという意味では、悪くはなかったのかもしれません。

 

桜の絵だったので、桜の頃までにはと思い、3月に削り始めていたのですが。完成は桜が散り終わった頃。

ちなみに削る前の状態。

 

f:id:narconyanco:20180407054914g:plain

 

桜のところは下絵だけ見ると、とても桜に見えなくてどうなることかと思いました。

f:id:narconyanco:20180407054901g:plain

 

重い腰を上げて、ようやく完成です。

f:id:narconyanco:20180407055018g:plain

桜っぽく見えるでしょうか?

 

 

アップすると・・・。

f:id:narconyanco:20180407055025g:plain

なにがなんでしょーって感じですが。

 

 

f:id:narconyanco:20180407055021g:plain

ちょっと離れて見ると桜に見えなくもありません。

そして、この大作。飾るつもりで買いましたゆえ。

こんなものも買っていました。

 

f:id:narconyanco:20180407055015g:plain

A3サイズのフレーム。これにいれてやるだけで、きっと素敵な作品ぽくなるはず!

 

 

フレームって探すとお値段高いのですが、この枠はそれほど安っぽくもなく。なにぶん、結構大きいのに送料無料で送ってくれるAmazon、つい買っちゃいますね。

 

スクラッチアートは額縁に入れると高級感が増す!

表面がテカっていろんなものが写り込んでますが気にしないでください。

雰囲気としては、なかなか良い感じです。苦労したかいがあるってものです。

しかし、今回のは、ちょっと参りました。

スクラッチアートって削るのが楽しいわけです。完成させた達成感も楽しさのひとつではありますが、削ってる間が苦痛というのはいただけません。

絵柄は素敵なんですけど、オススメはしません・・・。

固い分、表面が傷つきにくいし、個人差はあると思います。

 

ダントツオススメのスクラッチアートは、やっぱりコレです。

削ったカスはコロコロしていて、手は汚れませんし、簡単にはらえます。

なにより削り心地が柔らかで、削るのが楽しい。作品は14点と多め。

 

なにはともあれ、桜の時期には間に合いませんでしたが。

完成とともに、玄関に飾ってあります。

桜はそのうち、また咲くでしょう。

額縁に入れると高級感は増しますが、そのまま壁にペタペタ貼ったりしても十分インテリアになると思います。

だって誰が削っても、スクラッチアートはきれいに仕上がりますから。

コメント